リワーク日記

リワークに関する日記をつけています。

朝起きられるという幸せ

f:id:ming0204:20210206083740j:plain

ミングです。
失って気付く幸せとか、当たり前の日常こそ幸福だと知る瞬間ってありますよね。

今朝は早起きできました

今日の朝ですが、6時20分頃に起きました。
普段はNHKテキストをこなす都合上、5時55分には起きるので(6時からラジオが始まる)、休日の今日は平日に比べると寝坊気味です。
けれど私としては「休日の朝6時に起きるのはなかなか大したものじゃないか」と自負しています。えらいぞ私。

休職と早起きの関係性

話は変わって、休職のことについてです。
休職に至るまでにはまずメンタルの不調が来て、そこから肉体的な不調につながり、どうにも動けなくなってお休みをいただくというパターンがほとんどかと思います。私自身もそうでした。
そういう状態になると早起きってなかなかできなくなるんですね。
医師からも「今は休息が大事だから、いっぱい寝ていてもいいんだよ」と言われるのですが、いざ寝てみると…寝ても寝てもずっと眠たい。すると、起きる時間に合わせて生活リズムもどんどん崩れていくんです。
特に一人暮らしでの休職は、生活リズムを強制的に調整するものが存在しないので、本当に自堕落としか言いようのない状態になりがちです。というか、一時なりました。

「早起き」の重要性を知る

鶏が先か卵が先か…というお話になるのですが、早起きができないと生活リズムが崩れ、生活リズムが崩れるとメンタルの回復も遅れ、メンタルの回復が遅れると早起きできない…みたいな無限ループに突入します。
なので、ある程度回復してきたタイミングで自主的に早起きに努める必要があるのですが、これが辛い辛い。今まで当たり前に出来ていた「早起き」というものが、どれほど大変な作業だったか、そしてそれを簡単にこなしていたかつての自分がいかに頑張っていたか身をもって知ることになりました。朝起きれる。それだけで偉いのです。

そんな感じで休職してから半年経過した今、無事に早起きができるようになってきました。まだ完全にとはいきませんが、今日も朝風呂に入って、シリアルに牛乳をかけていただいて、こうしてブログを書くことができています。この後コンビニまでお散歩してコーヒーを買ってくるつもりです。
朝動けると、やはりメンタル的にも調子が良くなります。本当に早起きって大事。

最後に

こんなかっこいい記事を書いてますが、実は7時にかけたアラームより早く起きれた理由は歯痛でした。多分歯ぎしりしてたんだと思います。かっこ悪いね!では。